Event is FINISHED

いまこそ、患者協働の医療の実現を!2019 ~患者と医療者の”協働できる”つきあい方

Description
今年も、皆さんと共に考えます!

「いまこそ、患者協働の医療を!2019」は2019年11月3日に開催です。
今回はサブテーマを、患者と医療者の”協働できる”つきあい方として、患者と医療者の間のコミュニケーションについて考えていきます。
基調講演には、NPO法人患者中心の医療を共に考え 共に実践する協議会(JPPaC)理事長の畑中和義さん、独立行政法人国立病院機構東京医療センター総合内科の尾藤誠司さんをお迎えします。

■■概要■■
開催日時:2019年11月3日(祝)10:00-16:00
会場:デジタルハリウッド大学大学院

午前の部(10:00~12:00)
【基調講演】
①JPPaCでの“学び”と“内省”から「患者協働」を考える

畑中和義
NPO法人患者中心の医療を共に考え 共に実践する協議会(JPPaC)
理事長

②患者と医療者はなぜすれ違うのか?

尾藤誠司
独立行政法人国立病院機構東京医療センター
総合内科

午後の部(13:00~16:00)
①ポスター発表
②シンポジウム「患者と医療者の”協働できる”つきあい方」
③ワークセッション

イベントに関するお問い合わせ:amcop.office@gmail.com




<患者協働の医療を推進する会(AMCOP)とは>
2017年に実施された「今こそ、患者協働の医療を!2017」の参加メンバーで結成された任意団体です。
「『医療をかたち作るのはすべての人々である』という考え方が広く浸透し、それに基づく医療が当たり前に行われている社会の実現」をビジョンに掲げ活動を行っています。
活動にご興味のある方はぜひご参加ください。
事務局メール:amcop.office@gmail.com

★☆ ★☆ 寄付付き参加について★☆ ★☆
今回通常の参加費とは別に「寄付付き参加」というものを設けさせていただきました。
私どもの団体は昨年の12月に「『医療をかたち作るのはすべての人々である』という考え方が広く浸透し、それに基づく医療が当たり前に行われている社会の実現」とういうビジョン掲げ設立いたしました。

これまで毎月のミーティングを開催し、ビジョンを実現するために必要な取り組みについての議論、「患者協働の医療」に繋がるような活動をされている団体等を調査し、また、データベース化を視野にHPの整備の検討を進め、現在はこの度のイベント開催に向けて準備を進めております。

いただきましたご寄付はこれらの活動をさらに進めるために大切に遣わせていただきます。
共感をいただける皆さまからのご寄付をぜひよろしくお願い致します!
参加費種別 
・2000円(事前申込み)
・2500円(事前申込み寄付500円付き)
・3000円(事前申込み寄付1000円付き)
・3000円(当日申込み)

キャンセルポリシー
参加できなくなった場合は必ずご連絡をお願いいたします。
返金につきましては10月31日までにご連絡があったものにつきましてはシステム上の返金ルールに従い行います。
以降は返金はいたしませんのでご了承ください。



Updates
  • 会場 は デジタルハリウッド大学大学院 に変更されました。 Orig#489984 2019-11-01 04:49:08
More updates
Sun Nov 3, 2019
10:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
デジタルハリウッド大学大学院
Tickets
参加費(事前払い) SOLD OUT ¥2,000
参加費(事前払い+寄付500円付き) SOLD OUT ¥2,500
参加費(事前払い+寄付1,000円付き) SOLD OUT ¥3,000
寄付500円のみ SOLD OUT ¥500
寄付1000円のみ SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都千代田区神田駿河台4-6 Japan
Organizer
患者協働の医療を推進する会(AMCOP)
111 Followers

[PR] Recommended information